延ばせる!エンジニアの寿命!

IT業界で働くエンジニアの寿命は短く、最前線で働けるのは30代までというのが通説でした。
著しい開発競争の中で必死に業務に携われる体力や気力があり、柔軟な発想力や斬新な創造力があるのは若い頃だという認識が広まっていたからです。
企業としては若ければ人件費も安いという点でメリットがあるため、未だに同じ方針で開発を行っている職場もあります。
しかし、だんだんと状況は変化してきていて、晩年まで働ける職場も増えてきているのが現状です。

複数の技術を有機的に統合することで新しい技術や製品を生み出すというアプローチが盛んに行われるようになり、長年IT業界で勤めてきて広く深い知識や経験がある人材が重宝されるようになっています。
古いスキルしか持っていないというのでは寿命が早期に来てしまいますが、ITに深い興味を持ち続けていて、常に新しい知識や技術を習得する意欲を持っていると経験も豊富で有能な人材として着目してもらえるのが現状です。

重要なのは自分を業界の最先端に置くように心がけてスキルの習得をいつまでも怠らないことでしょう。
また、それを高く評価してくれる職場を探すことも重要です。
この2つを満たすことによってエンジニアの寿命は長くなり、晩年になってもなお最前線の現場で活躍を続けられるようになるでしょう。
自分の寿命は自分で延ばしていくという基本姿勢を持ち続けるのがIT業界のエンジニアにとって欠かせないことなのです。